審美的治療

審美的治療とは

このようなお悩みはありませんか?

  • 銀歯が気になる
  • 金属アレルギーが心配
  • 自然な歯の色に合わせたい
  • 事故や外傷で歯が欠けてしまった
  • 治療した歯が変色している
  • 歯ぐきが黒ずんでいる

素材の種類

メタルボンドセラミック(PFM)

メタルボンドセラミックス(PFM) メタルボンドとは、中が金属で、見える部分はセラミック素材という陶器の材質を使用した歯の被せ物のことです。
金属部分が見えないため見た目がきれいで、セラミックによって天然歯に近い色調や質感を再現することが可能です。内側が金属になっているためより強度を高めています。

メリット
  • 天然の歯と似ているので見た目がキレイに見える
  • ほとんどの部位に使用可能
デメリット
  • 自費治療なので、保険診療に比べて高価
  • 金属を使用するので、金属アレルギーの方には不向き
種類 インレー クラウン
メタルボンドセラミック(PFM) ¥〜 ¥〜

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック セラミックス(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜた材料で作られた補綴物です。
セラミックほど透明感はありません。歯の質や色などをある程度合わせやすく、歯の形・大きさの変化も自由に対応できるため、むし歯などにより失った部分が大きい場合でも、適応できます。

メリット
  • 自費治療の中では比較的安価
  • 保険内の被せ物よりキレイに見える
デメリット
  • 経年変化で変色する
  • 強い歯ぎしりをした場合は割れる可能性がある
  • セラミックよりも耐久性が少し劣る
種類 インレー クラウン
ハイブリッドセラミック ¥〜 ¥〜

イーマックス(e-max)

イーマックス(e-max) 二ケイ酸リチウムガラスを主成分とする新しいセラミック素材です。
強度が高いことが特徴で、E-MAXは強度と審美性を兼ね備え、クラウン(被せ物)はもちろん、インレー(詰め物)、ラミネートベニアなど幅広く対応しています。

メリット
  • 自費治療の中では比較的透明度が高い
  • 変色しにくい
  • 金属不使用なので、金属アレルギーの方も安心
デメリット
  • 元の歯の色や、コア(芯)の色が透過してしまう
  • 極度に強い力が加わると、稀に割れたり欠けたりする
種類 インレー クラウン
イーマックス(e-max) ¥〜 ¥〜

ジルコニア

ジルコニア「人工ダイヤモンド」とも呼ばれ、セラミック素材のなかでも優れた審美性と耐久性があります。
ジルコニアには身体との親和性も高く安全性にも優れています。

メリット
  • 自費治療の中では硬度が高い
  • 審美性に優れている
  • 金属不使用なので、金属アレルギーの方も安心
デメリット
  • 価格が高い
種類 インレー クラウン
ジルコニア ¥〜 ¥〜

オールセラミック

オールセラミック 表や歯に接着する面、裏の素材も全てセラミックのみの素材です。
保険診療で使われる金属は一切含まれず、審美性と機能性を兼ね備え、耐久性もあります。

メリット
  • 硬度が高い
  • セラミックの中でも特に審美性に優れている
  • 金属不使用なので、金属アレルギーの方も安心
デメリット
  • 価格が高い
  • 強い力が加わると割れる可能性がある
種類 インレー クラウン
オールセラミック ¥〜 ¥〜

ゴールド

ゴールド その名の通り「金」で作られた補綴物です。
セラミックやハイブリッドのような自然な色ではないですが、保険診療の補綴物「メタル」インレーやクラウンとは異なり、錆びにくく金属の溶け出しもほとんどありません。
強度も高いので、噛む力の強い方や歯ぎしりをする方でも、力のかかりやすい奥歯に使用でき、ピッタリと適合するので治療後もむし歯になりにくいという利点があります

メリット
  • 保険診療のメタルより錆びにくい
  • むし歯になりにくい
  • 耐久性に優れている
デメリット
  • 色味が自然ではないので目立つ
種類 インレー クラウン
ゴールド ¥〜 ¥〜